--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://mamomanblog.blog.fc2.com/tb.php/18-46f8e8cb

09

17

コメント:

製作過程:鎧その2

どもども、鎧の絵にだいぶ色を入れていきました。

下が途中過程。写真だと当社比でいい感じですが、実際の絵は例のごとく迷子になっています。
どないしたらええんや。
全体
今回はとくに大き目の単位でバッサバッサと色を重ねています。

そろそろ陰影でシメるところはシメて空間や立体感、明暗のバランスをととのえていかないといけません。

あと、なんか今回は紙の表面が微妙に荒れていて、紙の表裏間違えているんじゃないかという疑惑があるのですが、もう確認しようないしまあいいかって感じです。


今日は、いつもお世話になっている筆を紹介します。
RIMG0739.jpg

他にも持っているのですが、メインでよく使っているのはこれらです。
ミーハーなので、高級品が好きです。ゲヘヘ
左、中央はコリンスキーの水彩筆。
左の3号はラファエル製で、中央の6号がピカビア製です。
ラファエルの6号欲しかったのですが、かなり高いので、ピカビアという安い国産メーカーので。

右はプルーリスの羽管の面相、ラファエル製です。
これもかなりの値段なのですが、買ってから10年はたっている気がします。
しかも保管のときにミスして筆先が一回割れちゃったのですが、見事に復元したという歴史もあります。
水の含みは抜群ですが、一方でやわらかく扱いづらい点もあります。
と思っていたのですが、この筆をつかって絵の具の濃度の差を思いっきりつけるぼかしができるようになりました。こんな感じ。
RIMG0737.jpg

ある程度水を含ませて、筆先に絵の具を濃い目にとってぼかすと、こんな感じで濃淡の差がつよいボカシができました。金属なんかにいいですね。
こういった発見があるので、水彩は楽しいです。
スポンサーサイト
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバック URL

http://mamomanblog.blog.fc2.com/tb.php/18-46f8e8cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。