--

--

コメント:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

07

01

コメント:

製作日誌:A2サイズ

BrTRr8iCQAASlcA.jpg

皆様こんばんわ。
現在新しい絵を描いております。A2サイズの大きな作品です。
上が下絵を水彩紙にトレスしている途中です。

今回の作品はHPのほうに上げているアウェイクンという作品の全面的なリメイクになります。
植物の茂りと女性というコンセプトはそのままに、大きいサイズ+今の自分の技術で描くという感じです。

下絵までの製作過程をこのブログにもあげたいですが、正直いろいろ忙しく…。
HPからリンクを張っている僕のツイッターのアカウントに、製作過程をアップしているので、もしよろしければごらんください。

この絵は大作ということもあり、ゆっくり納得のいくように描きたいところですが、グループ展用の出展作品なので、あまり時間がありません。今までの製作スピードなどを考えると、間に合うかどうか、結構ピンチな感じです。

とりいそぎの報告まで。
時間がとれるときに、またゆっくり製作過程について書かせていただきます。

では。

スポンサーサイト

04

21

コメント:

製作日誌:ぼんさい2

男の子小さい

盆栽の絵、できました。近日中にホームページのほうにアップします。
詳しくはそちらを見てもらうとして、今回は途中からグレーのカラーインクで筆入れをしました。
いつも必要以上に色をのせてしまい、絵が重くなってしまうので…(かといってシャーペンのみだと未完成っぽい)

で、上の絵はまったく関係ないですね。最近やっている落書きをあげてみました。
上の絵ではアルシュをはじめて使ってみたのですが、サイジング強めで、ざっくりしてる印象です。
力強い風景画とかだと愛想かな?発色も渋いし。
何回かつかっていくと見えてくると思うので、ちょくしょく使ってみます。

03

31

コメント:

製作日誌:ぼんさい1

RIMG1634.jpg

こんばんわ。前のブログから更新がだいぶ空きましたが、ほそぼそ新しい絵の制作はしておりました。
現在、上のような状況です。
写真では左側の黄色いところは地面にあたるのですが、ぼかしで色を入れており、すこし水平にぼかしのあとを流したいので立てかけている状況です。


それはさておき、今回の絵のアイデアだしなどの部分を紹介します。
下の写真が、今回の絵のモチーフになった町並みの風景です。

RIMG1548.jpg

この場所は夜に通りがかることが多かったのですが、昼に通りがかると写真のように日が差していて、ぼんさいが日向ぼっこしてるみたいだなあ、と思ったのが今回の絵のアイデアのもとになっています。

よく通る場所などでも、時間帯や季節によって見え方が違って、ドラマチックだったり面白い見えがするときがあります。実は、今回は前に気になっていた路面電車の駅の風景をもとに絵を描こうと思ったのですが、改めて写真を取りにいったら、冬で線路にほぼ緑がなく、ちょっと違うな、面白くないな、と見送った経緯があります。


キャラ1
そういうわけで、今回は盆栽がメインです。ほかにもいろいろとった写真をもとに、盆栽のキャラクターのアイデアだしをしました。

キャラ2

次に、盆栽だけでもよかったのですが、プラスアルファで物の怪的なキャラクターを出すことにしました。右がそのキャラクターデザインです。風の子とか、風来坊てきなイメージです。
左は、上に挙げた写真が、だいたいどういった構造になっているか、断面図を描いたところです。
前の狸の絵は、ここらへんをやってなくて、前後関係が変になっている部分があったので。

ラフ

そういったことを含め、最初のラフです。風来坊の風の子が、日の当たるところで盆栽と一緒にうとうと一休みして、それを女の子が見つけるというイメージです。
横構図も試したのですが、キャラクターや盆栽の入り方が小さくなるので、たて構図にしました。
また、日が当たっているという光の感じを出すためには、影の部分をきちんといれておくことが大事だと思ったので、これまでのラフはもっぱら線だけだったのに対して、鉛筆を寝かせて描いてきちんと影の部分を入れています。


今回はそういった感じです。また余裕があれば製作過程の細かい部分などもアップしていきたいです。

02

04

コメント:

製作日誌:たぬきの店その2

たぬきのお店の絵、完成したのでホームページのほうにアップしました。
もう少し前に完成したのですが、アップするのを怠けており。
製作過程の写真も撮っているのですが、今回は割愛します。

代わりといっては何ですが、今回のモデルになった果物店の写真をアップします。

RIMG1211.jpg
RIMG1212.jpg

写真を撮らせてもらったときに、お店のおやじさんにいろいろお話をお聞きしたのですが、こうした果物の陳列方法をしているところは最近ではめずらしく、この店では昔ながらの方法で陳列しているとか。

昔は、果物は高級品、贅沢品で、そうした果物の珍しさ、きれいさを際立たせるような陳列方法だとか。
そうした果物のきらきらした感じが出せるといいなーと今回の絵を描きましたが、結果は…


こうした写真ありきの絵を何枚を何枚か描いているのですが、だんだんと日常の中のファンタジー、ということがテーマになっているな、という気がしています。
僕は、特に自分の中に伝えたいメッセージ性や世界観をもっている人間ではないような気がします。
ただ、頭の中のイマジネーションはなくとも、日常の中にも頭の中での常識を超えるよう非日常があり、そのことをすくいだして、そこから自分なりに膨らませたりしてきればいいな、と思っています。
色彩に関しても、普通に考えたら光の方向性や反射光、色の映りこみの関係を考えたら、ここにはこの色がはいらない、ということがあるのですが、わざとそれをはずして色をおいているところがあります。そうしたはずした色彩で、すこし非日常的な感覚をだせればなあ、と思っています。

製作過程のことではないですが、たまにはこういうのもいいかな、と思っています。

ちなみに、下の写真は色鉛筆で主線などを書き込む前。こっちのほうがふんわりしていいんじゃないかという説もあります。

RIMG1436.jpg

01

07

コメント:

製作日誌:たぬきの店その1

あけましておめでとうございます。
昨年は当ブログ、ホームページのほうに来訪いただきありがとうございました。
今年も適当にやっていこうと思います。
よろしくお願いいたします。
ということで、ホームページのほうには2014年の年賀絵をアップしておきました。

また、だいぶペースは遅いですが、新しい絵にも取り掛かっているのでご報告します。

今回の絵は、近所の果物屋がモデルになっています。
写真も何枚か撮らせてもらっていて、それを見ながら下絵などを作りましたが、あくまでもそれをヒントに絵として再構成する方向にしています。それまでの写真ありきの絵は現実の光景をベースに非日常をスパイスに持ってくる、という感じだったのですが、今回は絵本っぽいというか、ややファンタジーよりの絵に持っていこうと思ったので。

・最初のイメージ固め
RIMG1419.jpg

最初にイメージを固めるために、そのまま下絵に入るのではなく、まずキャラクターなどのラフを作成しました。
いつもはシャーペンを使うのですが、今回はふんわりした絵を目指すため、2Bのやわらかい鉛筆を軽くもって線を引いて絵柄を固めていきました。いつもよりやわらかい線が引けた…と思っています。
ここでは写真を載せませんが、狸は、モデルになった店の親父さんのイメージです。

・下絵をトレス、水張り
RIMG1424.jpg

すっ飛ばして、下絵をトレスして水張りしたところです。
下絵も2Bの鉛筆で線を引いたのですが、トレスではシャーペンを使用しました。
ただ、線がやわらかくでるよう、きっかり線をひくというよりこすり付ける感じで描いていき、グレーが濃くなったところなどは練りゴムなどでところどころ抜いていきました。
今回は仕上げに色鉛筆で主線を入れていくつもりなので、ここでの線はあくまでも目立たせない・もしくは消す前提です。

・明度計画
RIMG1428.jpg

いつもと同様、コピーをとったものにコピックで明度計画。
グレーはウォームグレーが好きです。
話は飛びますが、この前、画材屋で耐水性のウォームグレーのカラーインクが廃盤になったことを聞いてややションボリしました。

・色塗り
RIMG1426.jpg

これまでは全体的に色を入れていくことが多かったのですが、今回はこのように8割がた完成、というところまで部分部分で塗っていく感じで進めております。
この方法で塗っていくと、とても時間がかかり、また神経も使います…が、それぞれの果物がキラキラ輝いておいしそうに見せるには、こっちのほうがいいんだろうなーと。

RIMG1427.jpg

そういった感じで塗り進め、今はこんな感じです。
お店の感じやにぎやかさを出すには、値札が重要なんだろーなーと思っていたのに、下絵で描くのをすっかり忘れていて、慌てて書き足したりしております。

かなり時間が押していますが、もう、この絵は一日一時間とかで部分部分をちょっとずつ塗っていくしかないんだろーなーという感じです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。